縁otokogami守口店

髪の知識

トップページ > FAQ > 髪の知識 > 界面活性剤って何?

界面活性剤って何?

A.
界面活性剤とは一言で言うと水と油を混ぜるために使われるものです。
その性質を利用し、一般的な洗浄剤では幅広く使われています。
食器についた油汚れは水で洗うだけでは落ちませんが、洗剤を使う事によって、きれいに落とす事が出来ます。これは水と油を溶け合わせる という界面活性剤の性質を利用したものです。
その他にも色々な性質があり、クリームや乳液には乳化剤として、消臭剤には、消臭液と水を混ぜるため、殺菌能力を持たせるため使用されています。

界面活性剤のうち、天然由来の「植物系界面活性剤」、脂肪酸ナトリウム、脂肪酸カリウムの2種類を「せっけん(石鹸系界面活性剤)」と呼び、それ以外を「合成(石油系)界面活性剤」と呼びます。
注意が必要なのですが、いわゆる一般で販売されている「せっけん」にも色々な化学添加物が入っており、市販のせっけんの多くも「合成洗剤」だと言う事です。
これに対し「せっけん」が97%以上の物を「純せっけん」と言い、区別しています。

特に合成(石油系)界面活性剤は危険とされています。
 合成界面活性剤の怖さは
  ①高い毒性
  ②高い浸透性
  ③高い残留性
 この3つの性質を持っているということです。

毒性
合成界面活性剤はたんぱく質を壊します。
合成界面活性剤の人体に対する影響として挙げられるのが、アトピー・手荒れ・湿疹・かぶれです。 また、体内に吸収されると、合成界面活性剤は肝臓でも分解することができず 肝臓の細胞を破壊するために引き起こされる肝臓障害、発ガン補助、血液成分の減少等の症状を引き起こすと言われています。

浸透性
科学技術庁の実験によると、ウサギの皮膚への合成界面活性剤の塗布すると、約0.53%が血液に吸収されたそうです。 人間の皮膚は皮脂膜で有害な物質から守られるようになっているのですが、合成界面活性剤は、皮脂膜、角質層、バリヤゾーンを破って体内に進入してきます。血液中にしみ込んだ物質は、良し悪し関わらず体中に広がっていきます。

残留性
台所洗剤、洗濯洗剤には非常に多くの合成界面活性剤が含まれます。 残留性が非常に高く、通常のすすぎだけでは、服や食器についた合成界面活性剤は除去する事ができないのです。 洗濯物からは汗や空気中の水分で再び溶け皮膚から体内に吸収されます。 また、食器に残ったものは食物を通じて口から体内に吸収されます。 合成界面活性剤を使ったものは、スプレー時に口、衣服や家具から体内に吸収 されることとなります。